事務所のポリシー

『企業・個人のいかなる課題にも立ち向かう』 『企業のサポートを通じて東海地区の発展に貢献する』 『個人の課題に親身になって寄り添う』

弁護士法人東海総合は、日本の弁護士だけでなく中国弁護士、税理士、社会保険労務士、行政書士らの専門家集団が在籍する総合事務所であり、クライアントのあらゆる課題にワンストップで対応することができます。そのため、法律課題の対応だけでなく、海外取引対策、税務対策、労使対策、事業承継対策、コンプライアンス体制の整備、内部通報の外部窓口の設置など、あらゆる課題に対応できます。

さらには、従来の法律事務所のイメージの枠を越えて、将来を見据えた積極的な戦略を心がけております。東海地方(愛知・岐阜・三重・静岡)には名だたる大企業から貴重な技術を有する中小企業まで、多種多様な企業が集まっています。さまざまな技術が日進月歩に発達している現代、新しい技術を一つ導入するにも多くの法律が関連しています。当事務所では、企業のイノベーション、スタートアップのサポート、AI、Fintech、仮想通貨、ドローン、VR、宇宙ビジネス、バイオビジネスなど新たな分野における法的課題について研究しています。

個人のお客様には、親切な対応をモットーに、総合事務所ならではの法務・会計の一挙解決のサービスをご提供しております。当事務所は、愛知県名古屋市の地で40年以上の歴史があり、東海地区の多くの皆さまのトラブルを解決に導いてきた実績があります。相続、不動産、交通事故、親族の問題や刑事事件など、あらゆるトラブル解決に豊富な経験がありますので、お客様のお話をよく聞いたうえで、お客様の立場でアドバイスすることが可能です。

いかなる課題にも立ち向かう

代表弁護士久野 実(愛知県弁護士会)

東海総合のあゆみ

1973年 久野忠志が名古屋市中村区竹橋町に久野法律事務所を開設


1983年 久野法律会計事務所と改名し、法律業務に加えて税務業務も取扱開始


1998年 東海総合法律会計事務所に改名


2002年 法人化が認められ弁護士法人東海総合を設立(全国で9番目)


2008年 名古屋市中区錦二丁目に事務所を移転


2012年 代表弁護士に久野実が就任


2017年 中国弁護士入所

事業所概要

事業所名
弁護士法人 東海総合(法律・中国法務・会計・行政・労務)
住所
〒460-0003 名古屋市中区錦二丁目4番23号 シトゥラスTビル7階
TEL
052(232)1385
FAX
052(232)1386

アクセス